てんてらてん!なブログ

てんてらてん!なブログは、主が描いた自転車擬人化漫画や自転車の情報を皆さんと共有するためのブログです。

妖怪物語  クソ漫画9本目

作品内容

 

漫画を描き始めて9本目のクソ漫画です。

 

 

f:id:BicycleManga:20190402110907j:plain

f:id:BicycleManga:20190402110916j:plain

f:id:BicycleManga:20190402110928j:plain

f:id:BicycleManga:20190402110940j:plain

f:id:BicycleManga:20190402110951j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111017j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111051j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111104j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111119j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111139j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111157j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111218j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111231j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111249j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111313j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111334j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111351j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111440j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111521j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111610j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111623j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111637j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111756j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111919j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111932j:plain

f:id:BicycleManga:20190402111954j:plain

f:id:BicycleManga:20190402112005j:plain

f:id:BicycleManga:20190402112018j:plain

 

 

読了ありがとうございます。

 

マンガ図書館Zやkindleでも漫画を投稿しているので

 

よろしければそちらものぞいてみてください。


「何故かマンガ図書館Zでは一番読まれています。」
www.mangaz.com

 


月刊少年ガンガン、週間ヤングジャンプ、ジャンプSQ、週間少年サンデーに持ち込んで、門前払いされたクソ漫画です。


以下佐藤秀峰氏のコメント


どこで誰が何をしているのか、基本的な情報が読み取りにくい。


妖怪退治をして何をどうしたいのかわからない。


妖怪退治物を描きたいのだな、ということは伝わってきた。

 

ちょっとした雑談。

 

やんごとなき絵で漫画を描きたかったので

 

キャラクターや擬音に筆ペンを使い

 

極力トーンを使わないように仕上げました。

 

この頃は不条理、推理、妖怪とはまっていました。

 

実際にあった事件や創作物を片っ端から見ていくうちに

 

「アニメだとサイコパス、ドラマだとコロンボ、漫画だとサイコや大越 孝太郎など」 

月喰ウ蟲

月喰ウ蟲

 

 

鬱になってしまい、夜は布団に入っても眠れず

 

心臓が急に締め付けられることもしばしばありました。

 

「朝まで起きている事もよくありました。」

 

 漫画を描くのが本当にしんどかったです。

 

僕が描きたかった漫画は絵がこれで

 

内容がこんな感じです。

 

 

「全体的にこの頃の漫画の描き方を見やすくしようと奮闘してました。」

bicyclemanga.hatenablog.com

 

こんな漫画でも

 

これから漫画を描いたり投稿や持ち込みをしようと考えている方の添削や参考になれば幸いです。

 

 

 

長々と書きましたが

 

ここまで読んで下さり本当にありがとうございました。